m3.com トップ>医療維新>レポート>益田市医師会「親父の背中」、へき地医療研修プロジェクト

益田市医師会「親父の背中」、へき地医療研修プロジェクト

医師不足対策、若手医師を呼び込め

2017年9月20日 水谷悠(m3.com編集部)


島根県の益田市医師会は9月20日に東京都内で記者会見し、全国の若手医師を対象としたへき地医療研修プロジェクト「親父の背中」を2018年4月に開始すると発表した。医師不足解消を目指すとともに、若手医師にとっては益田地域医療センター医師会病院に所属し、地域の開業医の指導も受けながら地域医療に触れてスキルアップを図れるという(益田市医師会のホームページを参照)。左から益田市医師会の神崎裕士会長、松本祐二副会長、ゲネプロの齋藤学代表。後方はプログラムのポスター。同医師会会長の神崎裕士氏は、「医師会病院の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日医横倉会長「知事会の取り組みうれしく思う」 2018/8/3

横倉会長「大変な怒りを覚える」、消費税補填率調査結果 2018/8/2

医師会立看護師養成所、定員割れに危機感 2018/8/2

「初期研修の内容を学生時代に」、山下AJMC会長 2018/8/1

HPVワクチン名誉毀損訴訟、「記事に間違いなし」「研究に捏造なし」 2018/8/1

厚労省業務「ペーパーレス化」へ、若手・中堅職員が提言 2018/7/31

2019年春からAI開発用医療画像情報を企業提供へ、厚労省 2018/7/31

消費税の補てん不足、「4年間で888億円」 2018/7/27

「全国保健医療情報ネットワーク」工程表を公開、個人識別に被保険者番号利用 2018/7/26

「薬局の最低限の役割の明確化、機能分化を」との意見も 2018/7/25

4期目の横倉日医体制、役員就任披露パーティー 2018/7/25

AI開発で「検査画像データベース、企業が利用できるようにすべき」 2018/7/24

柔整、あはきは「治療」か、柔整、あはき広告規制検討会 2018/7/19

新設医学部でも将来の定員減を見据え検討を 2018/7/19

「医療機関の復旧が焦点」日医・石川常任理事 2018/7/18

ダビンチ手術、保険適用で3~4倍増の領域も 2018/7/17

全日病「総合医」の養成スタート、医師60人が参加 2018/7/15

「患者が帰省先マンションで飛び降り自殺」、医師の責任は? 2018/7/14

日医、「被災地JMAT」の派遣を準備 2018/7/11

倉敷市のまび記念病院、患者・職員ら救出完了、西日本豪雨 2018/7/9