m3.com トップ>医療維新>レポート>益田市医師会「親父の背中」、へき地医療研修プロジェクト

益田市医師会「親父の背中」、へき地医療研修プロジェクト

医師不足対策、若手医師を呼び込め

2017年9月20日 水谷悠(m3.com編集部)


島根県の益田市医師会は9月20日に東京都内で記者会見し、全国の若手医師を対象としたへき地医療研修プロジェクト「親父の背中」を2018年4月に開始すると発表した。医師不足解消を目指すとともに、若手医師にとっては益田地域医療センター医師会病院に所属し、地域の開業医の指導も受けながら地域医療に触れてスキルアップを図れるという(益田市医師会のホームページを参照)。左から益田市医師会の神崎裕士会長、松本祐二副会長、ゲネプロの齋藤学代表。後方はプログラムのポスター。同医師会会長の神崎裕士氏は、「医師会病院の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

ザックリ!今週のニュースまとめ読み 2021/5/9

ザックリ!今週のニュースまとめ読み 2021/5/1

横倉義武・前日本医師会会長が「旭日大綬章」受章 2021/4/29

大阪は「コロナ戦争」、がんセンターでも重症患者対応へ 2021/4/25

三重大病院元准教授に懲役2年6月執行猶予4年、津地裁 2021/4/22

Dr.レニックの「英語診療シリーズ」 2021/4/21

日本専門医機構のマイページ、「専門医の更新管理」にも使用へ 2021/4/19

都道府県別に医療費の目標設定を 2021/4/15

大阪、イギリス型変異株が急拡大「これまでにない重症化スピード」 2021/4/7

NIPTの認証で国関与へ、今夏にも開始 2021/4/1

合格率68.66%で2年連続低下、薬剤師国試 2021/3/25

本田宏氏、医師数増訴え「ベッドは自動的に治療してくれない」 2021/3/24

新潟県、初期研修に「起業家・イノベーター育成コース」設置 2021/3/17

ポリファーマシー対策の手順書が完成 2021/3/11

佐久医師会「教えて!ドクタープロジェクト」が最優秀賞 2021/3/11

臨床実習の評価システムCC-EPOCが8月から稼働 2021/3/11

阪大の臨床研究、研究不正申立から対応まで2年半「被験者保護」で問題 2021/3/4

第31回医学会総会、「ビッグデータ」がテーマに 2021/2/26

遠隔ロボ支援手術の実証実験が開始、弘前大で 2021/2/23

医療事故等の警察への届出、2020年は56件 2021/2/20