m3.com トップ>医療維新>レポート>益田市医師会「親父の背中」、へき地医療研修プロジェクト

益田市医師会「親父の背中」、へき地医療研修プロジェクト

医師不足対策、若手医師を呼び込め

2017年9月20日 水谷悠(m3.com編集部)


島根県の益田市医師会は9月20日に東京都内で記者会見し、全国の若手医師を対象としたへき地医療研修プロジェクト「親父の背中」を2018年4月に開始すると発表した。医師不足解消を目指すとともに、若手医師にとっては益田地域医療センター医師会病院に所属し、地域の開業医の指導も受けながら地域医療に触れてスキルアップを図れるという(益田市医師会のホームページを参照)。左から益田市医師会の神崎裕士会長、松本祐二副会長、ゲネプロの齋藤学代表。後方はプログラムのポスター。同医師会会長の神崎裕士氏は、「医師会病院の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

半数が「プラス改定すべき」―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.1 2017/10/16

整形外科・皮膚科・泌尿器科、レセプト平均点数の都道府県差は? 2017/10/16

産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科、レセプト平均点数の都道府県差は? 2017/10/16

精神・神経科・小児科・外科、レセプト平均点数の都道府県差は? 2017/10/16

内科、レセプト平均点数の都道府県差は? 2017/10/16

都道府県で1.2倍の格差、病院のレセプト平均点数 2017/10/15

横倉日医会長、世界医師会長に、米シカゴで就任式 2017/10/14

「在宅ネット・さが」に見る「草の根」の地域包括ケア◆Vol.3 2017/10/14

保湿剤、「一部保険適用外に」、健保連が提言 2017/10/13

地域医療を守る病院協議会、診療報酬の要望概要を発表 2017/10/11

2017衆院選、主要8政党の医療政策 2017/10/11

41人の医師資格保持者が立候補、衆院選 2017/10/10

多職種連携、「尊敬の気持ち」がベース、横倉日医会長 2017/10/9

「地域医療構想、回復期不足は誤解」、武田厚労省医政局長 2017/10/6

「2018年度の改革は“惑星直列”」、迫井厚労省医療課長 2017/10/6

東京都医師会会長、子ども保護の受動喫煙防止条例「画期的」 2017/10/6

公立病院「病院マネジメントの観点を」、総務省研究会 2017/10/4

「東京総合医療ネットワーク」、2017年度中にモデル事業 2017/10/4

国民医療推進協議会、財源確保などの要望を決議 2017/10/3

ハイブリッドERの死亡率低下を確認、府立総合医療センター 2017/10/3