m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修制度...>初期研修、7診療科必修化に?厚労省WGが議論本格化

初期研修、7診療科必修化に?厚労省WGが議論本格化

レポートの「意義」巡って議論

2017年9月22日 高橋直純(m3.com編集部)


厚生労働省の「第15回医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ」(座長:福井次矢・聖路加国際病院長)が9月21日に開催され、臨床研修のローテーションについての議論を始めた(資料は、厚労省のホームページ)。構成員の多くは7診療科に戻すべきという意見が多かったが、来年3月を目処に議論を重ねていく(前回の議論は『臨床研修、必須29症候、25疾病を提案』を参照)。ローテーションで回るべき診療科・分野の配分を巡っては、2004年度の開始時は7診療科が必修となっていたが、その後の見...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事