m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>患者応対ケーススタディ「死因説明を何度も求める患者家族」

患者応対ケーススタディ「死因説明を何度も求める患者家族」

『医療は負けない!』(テコム出版事業部)より

2017年9月25日 寺野彰、角藤和久


「モンスターペイシェント(MonsterPatient)」とは、医療従事者や医療機関に対して自己中心的で理不尽な要求をし、果ては暴言・暴力に及ぶ患者やその家族などを意味する和製英語です。彼らの対応に頭を悩ませている医療関係者の方も多いのではないでしょうか。そこで、モンスター患者の対応方法についてケースを通して検討したいと思います。Case:「当初はもっともな質問が、たび重なる質問になり、そして、治療を妨害するほどの事態に!」動脈硬化症で入院した山田和子(仮名、70歳)という患者さんがいました。研...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「どこで吸えばいいの」ベランダ喫煙トラブル、解決に限界受動喫煙でうつ病リスクも 2018/10/23

ニューイヤー駅伝で、ホームページへアクセス殺到-ひらまつ病院・平松克輝理事長に聞く◆Vol... 2018/10/23

DoortoBalloonTime30分を実現―上尾中央総合病院心臓血管センター・緒方信彦... 2018/10/23

LINE@も積極活用!患者さん・地域の方から選ばれる病院へ-飯塚病院広報課・木本有美さんに... 2018/10/23

神奈川、リブラ薬局が手がける施設向け薬剤管理システム 2018/10/17

福井国体落とし物が多発、大忙し 2018/10/16

福井県内アピタとピアゴの行方は 2018/10/16

ブラック・ジャックのソファ再現 2018/10/16

県内路線バスをオープンデータ化全国初の試み 2018/10/16

山口知事「いい夫」表彰主夫の友アワード 2018/10/16

はかた地どりが九州トップ奪還12年ぶり宮崎抜く 2018/10/16

福岡のソウルフードを育てた“クレーム”天ぷら「ひらお」が進む道無料いか塩辛、完全復活へ一歩 2018/10/16

「退会できない」町内会費の自動徴収、なぜ?背景に活動継続に悩む自治会 2018/10/16

6つのスポーツ部に80名以上が在籍、医療機関初となるニューイヤー駅伝出場を実現-ひらまつ病... 2018/10/16

モービルCCU、埼玉県県央医療圏で始動-上尾中央総合病院心臓血管センター・緒方信彦循環器内... 2018/10/16

「ホスピタリティ・アートプロジェクトがもたらす職種を越えた人とのつながり-高桑浩・金沢市立... 2018/10/16

倍率3倍!人気の小学生向け医療体験ツアー、保護者にも好評-飯塚病院広報課・木本有美さんに聞... 2018/10/16

救命医療のカギとなる、医療従事者のスキルとチームワークとは?-新百合ヶ丘総合病院救急センタ... 2018/10/16

「生活のすべてがリハビリテーション」。ユニークな病院が考える医療の方程式-北原茂実・医療法... 2018/10/16

顔の見えるコミュニケーションと患者情報共有で地域連携を強化-高桑浩・金沢市立病院地域連携室... 2018/10/10