m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療の現...>「在宅ネット・さが」に見る「草の根」の地域包括ケア◆Vol.1

「在宅ネット・さが」に見る「草の根」の地域包括ケア◆Vol.1

会員約300人、「顔が見える」以上の関係作り

2017年9月30日 橋本佳子(m3.com編集長)


佐賀県は2010年の時点で、自宅死亡率が全国最低の8.0%だった。その“汚名”返上に向け、同年に発足した組織が「在宅ネット・さが」だ。公的な補助金に頼らず、草の根的なネットワーク作りを進めているのが特徴。有志26人で発足したが、会員数は現在約300人。そのユニークな取り組みにより、2013年にはオレンジサークルアワードTheBestEducationModeloftheYear賞、2017年には地域再生大賞優秀賞をそれぞれ受賞している。「地域包括ケアシステム」では、よく「植木鉢モデル」の概念図が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事