m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療の現...>「在宅ネット・さが」に見る「草の根」の地域包括ケア◆Vol.2

「在宅ネット・さが」に見る「草の根」の地域包括ケア◆Vol.2

満岡代表に聞く「在宅医療のコンセンサスを作る狙いも」

2017年10月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


――「在宅ネット・さが」をスタートさせた経緯をお教えください。私は消化器、特に肝臓が専門で、2000年に佐賀市内で開業した当時から、在宅ホスピスに取り組むことを目指していました。私は1986年に産業医科大学を卒業し、2年の研修後、臨床系大学院に進みました。いつも末期の肝がん患者さんばかりを受け持っており、その頃から「一度でいいから家に帰してあげたい」との思いを抱いていました。当時は、がんの告知を行ってはいけないという時代であり、ターミナルケアの技術なども普及していなかった。「その人の本来の居場所...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事