m3.com トップ>医療維新>レポート|指導監査と処...>「レセプト高点数」、集団的個別指導は不公平

「レセプト高点数」、集団的個別指導は不公平

健康保険法改正研究会、「1000万円自主返還」の事例も

2017年10月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


「指導・監査・処分改善のための健康保険法改正研究会」は9月24日、「変革への大きな潮流」をテーマに第6回シンポジウムを都内で開催、同研究会の医師、歯科医師、弁護士らが、集団的個別指導の選定基準や個別指導の自主返還、診療報酬の施設基準に関する適時調査などに関する最近の事例やデータを基に講演した。個別指導については、フロアから約1000万円の自主返還を求められた内科クリニックの経験談が紹介されるなど、指導・監査は経営を揺るがす大きな問題であることが改めて浮き彫りになった。「高点数の医療機関は問題が多...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事