m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか?

費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか?

薬価、保険医療材料両専門部会と合同会議

2017年10月4日 水谷悠(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)は10月4日、通常の会議と、薬価専門部会、保険医療材料専門部会との合同部会を開いた。厚生労働省は、委員から再三求められていた、支払意思額に関する過去の研究や海外の評価基準についての資料を提出し、13の医薬品・医療材料を対象に実施される費用対効果評価試行的導入の方法論の大枠についてはおおむね了承された。残る課題だった価格調整の在り方の議論も始まり、委員から「費用対効果評価の結果、薬価引き上げは選択肢として...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

救急医療管理加算、抜本改革は「次回改定で」 2019/12/4

薬局の「対人業務」評価、医師と薬剤師で意見相違 2019/12/4

薬価調査、平均乖離率約8.0%、後発品シェア約76.7% 2019/12/4

地ケア病棟の在宅復帰率基準、70%は妥当か? 2019/11/29

中医協委員、医薬品卸談合疑惑で説明求める 2019/11/29

健保連幸野氏、義肢装具の療養費不正対策求める 2019/11/27

遺伝子パネル検査、「2倍以上市場規模拡大」なら引き下げ 2019/11/27

「国公立病院以外は黒字」支払側が分析 2019/11/27

生活習慣病の受診頻度と眼科の必要性検討 2019/11/23

加熱式たばこの扱い、見解分かれる 2019/11/23

革新的新薬の開発、薬価制度がさらに後押し 2019/11/22

ギャンブル依存症治療、保険適用すべきか否か? 2019/11/21

明細書無料発行の義務化、再び議論に 2019/11/20

理学療法士等による訪問看護の適正化、診療・支払側とも同意 2019/11/20

急性期病棟の認知症・せん妄患者、どうする? 2019/11/15

オンライン診療実施、病院24.3%、診療所16.1%にとどまる 2019/11/15

かかりつけ医の役割説明、「機能強化加算」施設でも3割強 2019/11/15

常勤医の平均勤務時間が月6.6時間減少 2019/11/15

後発薬、「使用割合低いならペナルティーを」支払側 2019/11/15

冠動脈CTとPCI、ガイドライン踏まえた改定へ 2019/11/13