m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか?

費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか?

薬価、保険医療材料両専門部会と合同会議

2017年10月4日 水谷悠(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)は10月4日、通常の会議と、薬価専門部会、保険医療材料専門部会との合同部会を開いた。厚生労働省は、委員から再三求められていた、支払意思額に関する過去の研究や海外の評価基準についての資料を提出し、13の医薬品・医療材料を対象に実施される費用対効果評価試行的導入の方法論の大枠についてはおおむね了承された。残る課題だった価格調整の在り方の議論も始まり、委員から「費用対効果評価の結果、薬価引き上げは選択肢として...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

救命救急センターの評価、3段階から4段階への変更検討 2017/10/12

「妊産婦の自殺を防げ!」、地域の診療連携の評価を検討 2017/10/12

「加算前の価格を下回る調整、断じて容認できず」 2017/10/11

医療安全対策での「専従の医師」評価、診療側が慎重論 2017/10/11

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)、次期改定で評価検討 2017/10/5

がん対策重点は「小児がん、がんゲノム医療、緩和ケア」 2017/10/4

費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか? 2017/10/4

レセプトに郵便番号、カタカナ氏名記載を提案 2017/9/27

7対1、重症度基準「非該当」4割を問題視、支払側 2017/9/27

厚労省「医療費の伸びに変化なし」 2017/9/27

維持期リハビリ、医療か介護か? 2017/9/14

質問形式、換算方式など論点提示 2017/9/13

薬価制度、企業論理と「公」の原則が衝突 2017/9/13

紛糾の費用対効果評価、年内「骨子」目指す 2017/8/23

薬価制度改革、「3点セット」で議論を 2017/8/10

支払い意思額調査、新規調査は断念 2017/8/10

「倫理的、社会的影響」は4項目で検討 2017/8/10

認知症治療病棟、大きな視点での議論を 2017/7/28

「支払い意思額調査」、質問内容に異論続く 2017/7/26

原価計算方式への批判続出、「企業の言い値か」 2017/7/26