m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか?

費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか?

薬価、保険医療材料両専門部会と合同会議

2017年10月4日 水谷悠(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)は10月4日、通常の会議と、薬価専門部会、保険医療材料専門部会との合同部会を開いた。厚生労働省は、委員から再三求められていた、支払意思額に関する過去の研究や海外の評価基準についての資料を提出し、13の医薬品・医療材料を対象に実施される費用対効果評価試行的導入の方法論の大枠についてはおおむね了承された。残る課題だった価格調整の在り方の議論も始まり、委員から「費用対効果評価の結果、薬価引き上げは選択肢として...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

外来での相談・連携の評価、「慎重な検討を」 2017/12/15

就労中がん患者の主治医・産業医連携を評価 2017/12/15

麻酔科医、「常勤」を高く評価 2017/12/15

「個人の病理医との連携による病理診断」は却下 2017/12/15

医師からかかりつけ薬剤師への「検査値の提供」、日医委員はNG 2017/12/15

中医協の改定意見書、加藤厚労相に提出も形骸化 2017/12/15

新薬創出等加算、「企業影響等への配慮」で修正 2017/12/13

新薬の処方日数制限、診療、支払側とも緩和反対 2017/12/13

医療者の専従要件を緩和、女性働きやすく 2017/12/13

中医協委員、「改定率決定」報道に反発 2017/12/13

「調剤料、早急かつ大胆な見直しを」、今村日医副会長 2017/12/9

大型チェーン、門前・門内薬局に再びメス 2017/12/9

透析医療、施設規模や患者数で評価適正化 2017/12/8

療養病棟入院基本料を一本化、段階的評価導入 2017/12/8

「病院とケアマネ」「かかりつけ医と老健施設」情報連携評価 2017/12/8

レセプトへのカタカナ患者氏名記載、任意で2018年度開始 2017/12/8

入院医療、3つの新機能で再編、実績評価も導入 2017/12/7

III群が「DPC標準病院群」、3群の名称を変更 2017/12/6

薬価調査結果、平均乖離率9.1%、前回調査より0.3ポイント拡大 2017/12/6

「医師による抗菌薬の説明」、診療報酬で評価を検討 2017/12/2