m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>抗菌薬適正使用支援チーム(AST)、次期改定で評価検討

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)、次期改定で評価検討

AMR対策、広域スペクトル抗菌薬の処方割合減少が目的

2017年10月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、10月4日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、薬剤耐性(AMR)対策の推進、特に抗菌薬の適正使用の観点から、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の取り組みの推進に資する評価を検討するよう提案した(資料は、厚労省のホームページ)。AMR対策は国際的にも課題になっており、日本でも2016年にAMR対策アクションプランを策定し、政府横断的な取り組みを推進している。感染症対策としては、2012年度改定で新設された「感染防止対策加算」があるが、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

救命救急センターの評価、3段階から4段階への変更検討 2017/10/12

「妊産婦の自殺を防げ!」、地域の診療連携の評価を検討 2017/10/12

「加算前の価格を下回る調整、断じて容認できず」 2017/10/11

医療安全対策での「専従の医師」評価、診療側が慎重論 2017/10/11

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)、次期改定で評価検討 2017/10/5

がん対策重点は「小児がん、がんゲノム医療、緩和ケア」 2017/10/4

費用対効果評価、「薬価引き上げ」もあり得るか? 2017/10/4

レセプトに郵便番号、カタカナ氏名記載を提案 2017/9/27

7対1、重症度基準「非該当」4割を問題視、支払側 2017/9/27

厚労省「医療費の伸びに変化なし」 2017/9/27

維持期リハビリ、医療か介護か? 2017/9/14

質問形式、換算方式など論点提示 2017/9/13

薬価制度、企業論理と「公」の原則が衝突 2017/9/13

紛糾の費用対効果評価、年内「骨子」目指す 2017/8/23

薬価制度改革、「3点セット」で議論を 2017/8/10

支払い意思額調査、新規調査は断念 2017/8/10

「倫理的、社会的影響」は4項目で検討 2017/8/10

認知症治療病棟、大きな視点での議論を 2017/7/28

「支払い意思額調査」、質問内容に異論続く 2017/7/26

原価計算方式への批判続出、「企業の言い値か」 2017/7/26