m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】

火曜日、金曜日に更新

2017年10月6日  久間十義(小説家)


[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]金子市長は約束を守った。しかも迅速に守った。当選したその夜に大迫院長からの電話を受けて二日後、突然の辞令を出して伊藤事務長を富産別市企画管理室に転出させたのだ。企画管理室は市長直属で、市長の大学時代の同級生で市長が北海道庁から引き抜いてきた倉田総一郎室長(助役待遇)が統括する組織だ。いわば市のヘッドクオーターに当たる。そこに肩書きなしで転出したということは、周囲からは次のポスト待ちとも、また因果を含めての退職要員とも受け取られる、微妙な立場に伊...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

それから1年2カ月後【連載小説「朔風」第117回】 2017/12/12

会話はほとんど弾まなかった【連載小説「朔風」第116回】 2017/12/8

「ずっと傍にいるから」【連載小説「朔風」第115回】 2017/12/5

二人の関係【連載小説「朔風」第114回】 2017/12/1

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第113回】 2017/11/28

「やって来るのが遅すぎます!」【連載小説「朔風」第112回】 2017/11/24

「院長先生の容態が急変しました」【連載小説「朔風」第111回】 2017/11/21

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】 2017/11/14

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】 2017/11/10

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】 2017/11/7

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】 2017/11/3

どうしたんです?しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】 2017/10/31

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】 2017/10/27

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】 2017/10/24

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】 2017/10/20

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】 2017/10/6