m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>41人の医師資格保持者が立候補、衆院選

41人の医師資格保持者が立候補、衆院選

希望17、自民12、維新4、立憲3、共産1人(2017年10月10日午後5時半更新)

2017年10月10日 水谷悠、高橋直純(m3.com編集部)


2017年10月10日、第48回衆議院議員総選挙が公示された。1000人超が立候補を届け出ており、m3.com編集部の集計では、医師資格保持者は41人。前回2014年の衆院選の22人を大幅に上回った。政党別の公認候補は、希望の党が17人で最多、自民党12人、日本維新の会4人、立憲民主党3人、日本共産党が1人、無所属が4人となっている。投開票は10月22日(前回の記事は『衆院選、医師候補22人リスト』)。9月28日の衆議院解散まで衆院議員を務めていた前職は13人、元職は5人、新人が23人。過去の当...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事