m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>2017衆院選、主要8政党の医療政策

2017衆院選、主要8政党の医療政策

各党で充実度に濃淡、明確な対立軸は見えにくく

2017年10月11日 高橋直純、水谷悠(m3.com編集部)


2017年衆院選の主要政党の医療関連の公約をまとめた。各党のウェブサイトより作成。解散時の議席が多い順に掲載。自由民主党・国民皆保険制度を維持するとともに、病床の機能分化・連携の推進、在宅医療の充実、地域の医療従事者確保対策を進め、誰もが安心して受けられる医療の確保を図る。また、地域包括ケアシステムを強化し、住み慣れた地域で「切れ目のない医療・介護」が受けられるよう、医療・介護サービスの体制整備を一体的に推進する。・データヘルスを推進し、病気や介護の予防、重点化防止対策を強化し、医療におけるIC...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事