m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>「医師確保」に新計画、医療法に位置付けを検討

「医師確保」に新計画、医療法に位置付けを検討

厚労省提案、「医師の偏在度合い」も見える化

2017年10月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は10月11日、「医療従事者の需給に関する検討会」の第12回医師需給分科会(座長:片峰茂・長崎大学前学長)に、医師偏在対策として「医師確保計画」を医療法上に新たに位置付け、都道府県が医療審議会で計画を策定、地域医療対策協議会や地域医療支援センターを活用し、計画を実行するというスキームを提案した(資料は、厚労省のホームページ)。現在でも医療計画には「医療従事者の確保に関する事項」の記載が求められるが、都道府県によって内容にばらつきがある。また医師確保対策関連の施策や会議体が複数あり、必ず...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療従事者の需給に関する検討会に関する記事(一覧

医師偏在指標、全国一律に「医師多数区域」「医師少数区域」を設定 2018/9/30

医師需給の「第3次中間取りまとめ」、了承 2018/5/28

医学部定員、「2022年度以降、減員に向けた議論が必要」 2018/5/21

医師需給2028年頃に均衡、「週60時間程度に制限」で 2018/4/13

2022年度以降の医学部定員、「削減」の方向で検討 2018/4/12

2020年度以降の医学部定員、5月にも結論 2018/3/23

厚労省、医師偏在対策で関連法案、来年国会提出へ 2017/12/19

規制色弱まる、医師偏在対策の第2次中間取りまとめ案 2017/12/10

「新規研修開始の医師」が対象、へき地等勤務が管理者要件 2017/11/22

「医師少数区域」の勤務医師、厚労省が「認定」を検討 2017/11/9

医学部定員の「地元出身者枠」、地域枠とは別に設置を 2017/10/25

「医師確保」に新計画、医療法に位置付けを検討 2017/10/12

勤務医・開業医の地域別の多寡、「指標」で見える化 2017/9/14

「地域枠、地元に限定」「医師データベースで異動を追跡」 2017/6/16

医師偏在対策、5月から集中的議論、医療計画に盛り込む 2017/4/21

診療科別の「専攻医研修枠」、JCHO尾身氏が提案 2016/10/6

「専攻医の定員、専門医機構や県の権限法制化」を検討 2016/9/16

偏在対策「強力」に、「医師の働き方ビジョン」も策定 2016/5/20

医学部定員、最低でも「9262人」、2019年度まで 2016/4/20

医師需給、「2024年に約30万人で均衡」との推計も 2016/3/31