m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>偏在対策に「強制力」は必要?-衆院選医師候補者アンケート◆Vol.2

偏在対策に「強制力」は必要?-衆院選医師候補者アンケート◆Vol.2

医師資格保持者の間でも意見が分かれる

2017年10月17日 高橋直純、水谷悠(m3.com編集部)


10月10日に公示された第48回衆議院議員総選挙には、41人の医師資格保持者が立候補した。m3.com編集部では出馬に際しての思いや、医療関連で実現したい政策などについてアンケートを実施。10月19日までに16人から回答が寄せられた。5回にわたって、候補者の声を紹介する(関連記事は『41人の医師資格保持者が立候補、衆院選』、『2017衆院選、主要8政党の医療政策』を参照)。第2回では医師偏在対策についての結果を紹介する。行政や公的機関による「一定の強制力」の必要性を尋ねたところ、「必要」が1人、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事