m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>医師不足対策や地域医療体制整備など―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.4

医師不足対策や地域医療体制整備など―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.4

実現したい医療関連の政策

2017年10月19日 水谷悠、高橋直純(m3.com編集部)


10月10日に公示された第48回衆議院議員総選挙には、41人の医師資格保持者が立候補した。m3.com編集部では出馬に際しての思いや、医療関連で実現したい政策などについてアンケートを実施。10月19日までに16人から回答が寄せられた。◆回答者一覧(敬称略、所属政党の解散前議席数順かつ五十音順):安藤高夫、今枝宗一郎、国光文乃、小松裕、新谷正義、三ツ林裕巳(以上、自民党)、田淵正文、坂東毅彦(以上、希望の党)、河野正美、畠山昌樹(以上、日本維新の会)、阿部知子、塩見俊次(立憲民主党)、谷川智行(共...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事