m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も

全自病が働き方実態調査結果発表、厚労省に要望提出

2017年10月18日 水谷悠(m3.com編集部)


全国自治体病院協議会は10月18日、「医師の働き方の実態及び労務管理等に関するアンケート調査」の結果を発表した。「労働基準法の範囲内で稼働させた場合における診療体制への影響」の項目で、労働基準法改正案要綱で時間外勤務の上限とされた年720時間を守った場合の影響を問い、ある病院からは「手術件数の縮小。現行は年4000件であるが、その2分の1程度」などの回答があった。9月22日に、厚生労働省医政局長の武田俊彦氏に、「医師の働き方改革に関する緊急要望」(資料は、全自病のホームページ)とともに提出。全自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25

「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外 2017/9/21

医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」 2017/9/20

「医療が壊れるか、勤務医が壊れるか」 2017/9/11

「医師の過重労働規制、焦眉の課題」 2017/9/4

鹿児島の男性医師、解雇無効求め病院提訴 2017/9/2

産婦人科医の過労自死を受けて声明、学会・医会 2017/8/15

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

新潟県立病院の勤務医、長時間労働調査に疑問 2017/8/8

新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人 2017/8/4