m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】

火曜日、金曜日に更新

2017年10月20日 久間十義(小説家)


[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「いやぁ、城戸先生の仰るとおりだ。今どきこんな風景が日本にあったんですね」新千歳空港から富産別へと向かう道すがら、行く手に広がった湿地帯を眺めながら、コンサルタントの那須が声を上げた。「私は以前、イギリスでひと夏を過ごしたことがあるんですが、この枯れて人っ子一人居ない風景、何だかスコットランドやアイルランドの荒涼とした景色を彷彿とさせますよね」「そうでしょう」と健太朗は我が意を得たりと頷いた。「私も最初にバトラー病院に赴任したとき、千歳に降り立...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

「院長先生の容態が急変しました」【連載小説「朔風」第111回】 2017/11/21

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】 2017/11/14

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】 2017/11/10

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】 2017/11/7

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】 2017/11/3

どうしたんです?しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】 2017/10/31

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】 2017/10/27

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】 2017/10/24

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】 2017/10/20

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】 2017/10/6

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】 2017/10/3

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】 2017/9/29

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】 2017/9/26

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】 2017/9/22

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】 2017/9/15