m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>「ずっとloserだった」 - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.1

「ずっとloserだった」 - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.1

「どんな修行を積めば先生のような超一流の外科医になれるのでしょうか」

2017年10月29日 まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


メディアでも活躍する11年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の「憧れの人」に会いに行く新企画が始まります。第1回は順天堂医院院長で心臓血管外科教授の天野篤氏。どのように腕を磨いていくべきか、病院のPR戦略、そして外科医不足への処方せんは――。外科医師同士で率直に語っていただきました(2017年10月5日に対談。全4回の連載)。中山祐次郎氏最初に自己紹介をさせていただきます。医師になって11年目、大学は鹿児島大で、卒後は都立駒込病院で初期・後期研修と10年間、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事