m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>医師候補41人中12人当選、厚労政務三役も

医師候補41人中12人当選、厚労政務三役も

2018年度の“トリプル”改定、消費増税分の使途変更が焦点

2017年10月23日 橋本佳子、高橋直純、水谷悠(m3.com編集部)


第48回衆議院議員総選挙の投開票が10月22日に行われ、自民、公明の両党で、総定数465のうち憲法改正の国会発議に必要な3分の2を超す議席を獲得した。安倍晋三首相の5年間の政権運営が問われたが、信任を得られた結果となった。消費税率10%への引き上げと増税分の使途変更、憲法改正などについて実現に向けた動きが具体化することになる。今回の衆院選では医師資格を持つ41人が立候補(『41人の医師資格保持者が立候補、衆院選』を参照)。うち12人が当選(文末に表を掲載)。自民党では12人中8人が当選し、元厚生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事