m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>安倍総裁「少子高齢化、立ち止まる余裕ない」

安倍総裁「少子高齢化、立ち止まる余裕ない」

同じ総裁の3連勝は「自民党立党以来初めて」と自負

2017年10月23日 高橋直純(m3.com編集部)


自民党の安倍晋三総裁は10月23日、自民党本部での記者会見で、第48回衆議院議員総選挙の結果を受けて「少子高齢化が急速に進む今、私たちに立ち止まっている余裕はない。ひたすら政策の実行に邁進していく決意だ」と意気込みを語った。社会保障分野では消費増税分の使い道を変更し、「全世代型社会保障」へ改革することを強調した。総選挙の結果を「総選挙において我が党が3回連続で過半数を得たのはほぼ半世紀ぶり、同じ総裁で3回連続勝利をしたのは、立党以来初めてのこと。であるからこそ、謙虚に政策を進めて行かなければなら...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事