m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】

火曜日、金曜日に更新

2017年10月27日 久間十義(小説家)


[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]那須は三泊四日、バトラー病院と富産別を調査・分析して帰っていった。滞在した間に会った人間は、病院関係者や市側の担当職員の他、市長、姉去地区のアイヌ系議員、それに市長選で敗れた村田元市議や彼の応援団など多岐にわたった。「分析結果を出すために、2週間ほど時間をください。まとめて添付メールでお送りします」富産別を発つとき、JRの駅で札幌行きの急行を待ちながら那須はそう院長に告げた。「わかりました。首を長くして報告をお待ちします。市長もあなたの報告を待...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】 2017/11/14

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】 2017/11/10

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】 2017/11/7

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】 2017/11/3

どうしたんです?しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】 2017/10/31

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】 2017/10/27

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】 2017/10/24

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】 2017/10/20

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】 2017/10/6

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】 2017/10/3

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】 2017/9/29

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】 2017/9/26

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】 2017/9/22

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】 2017/9/15

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12