m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>「延命1年に500万円で価格調整」を提示

「延命1年に500万円で価格調整」を提示

費用対効果評価、委員の関心は引き上げの是非に集中

2017年10月26日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省は10月25日、中央社会保険医療協議会の費用対効果評価、薬価、保健医療材料各専門部会の合同部会に、費用対効果評価の試行的導入について、価格調整を行う基準値として、完全に健康な状態で1年間生存する、「1QALY」を獲得するために必要な費用「増分費用効果比(ICER)」が比較対象品目よりも500万円以上かかる場合とする案を提示した。ICERの具体額の提示は初めてだったが、異論は出なかった(資料は、厚労省のホームページ)。一方で、委員の関心は「価格調整の結果、価格の引き下げでなく、引き上げは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

年収3042万円、医療法人病院長がトップ 2019/11/13

医療法人の無床診は皮膚科、内科、眼科、外科で経営改善 2019/11/13

一般病院の損益マイナス2.7%、2018年度診療報酬改定後やや改善 2019/11/13

新薬14成分33品目の薬価了承、費用対効果評価の対象は2成分 2019/11/13

オンライン診療「大幅な緩和でモラルハザード」、診療側 2019/11/9

医療機関におけるICT利活用を後押しへ 2019/11/8

診療側、病棟薬剤師の報酬拡充求める 2019/11/8

学会提案の医療技術290件が新規保険適用候補 2019/11/7

在宅医療でも大手薬局チェ―ンをけん制 2019/11/6

訪問診療を依頼も2割程度が「回数の把握なし」 2019/11/6

支払側、急性期一般入院料の基準見直し改めて求める 2019/11/6

紹介状なし大病院受診、定額負担義務の対象拡大へ 2019/10/31

診療側と支払側、機能強化加算の患者説明を押し付け合い 2019/10/31

希少がんや治験基準外の患者にも適応外薬を 2019/10/31

「院内薬剤師の評価」で初・再診料の引き上げを 2019/10/30

治療と仕事の両立支援、診療報酬の対象拡大へ 2019/10/26

「処方医に事前報告せず薬局が処方変更」取り決めに懸念相次ぐ、中医協総会 2019/10/26

2次救急を評価する診療報酬が必要 2019/10/25

新薬の製造原価「開示度、不十分」 2019/10/24

CT・MRIの共同利用、一層の促進を提案 2019/10/24