m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修制度...>外科、産科、小児科、精神科が必修復活へ、初期研修

外科、産科、小児科、精神科が必修復活へ、初期研修

外来での研修も追加、精神科研修の在り方は継続審議

2017年10月26日 高橋直純(m3.com編集部)


厚生労働省の「第16回医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ」(座長:福井次矢・聖路加国際病院長)が10月25日に開催され、臨床研修で、外科、小児科、産婦人科、精神科の4科のほか、外来での研修も必修にすることで大筋合意した(資料は、厚労省のホームページ)。この日、厚労省が示した「臨床研修の到達目標、方略及び評価」での「Ⅱ実務研修の方略(案)」は以下の通り。研修期間研修期間は原則として2年間とする。協力型臨床研修病院又は臨床研修協力施設と共同して臨床研修を行う場合にあっ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事