m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>病床機能報告の基準に「在院期間」、中川日医副会長が反対

病床機能報告の基準に「在院期間」、中川日医副会長が反対

地域医療構想WG、調整会議の進捗状況なども確認

2017年10月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、10月26日の「医療計画の見直し等に関する検討会」の「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・東京大学政策ビジョン研究センター特任教授)の第8回会議において、病床機能報告において、高度急性期、急性期、慢性期、回復期の4つの医療機能の定量的な基準として、「入院後の在院期間」に着目して検討することを提案したが、日本医師会副会長の中川俊男氏が「明確に反対する」と明言、厚労省は定量的な基準の再検討を迫られることになった(資料は、厚労省のホームページ)。2014年度からスタ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

地域医療構想に関する記事(一覧

地域医療構想調整会議、成功のカギは「対話と信頼」 2018/3/29

地域医療構想調整会議、「郡市医師会の役割が重要」 2018/3/28

急性期医療を全く提供していない「急性期病棟」、データ公表へ 2018/3/28

有床診の特例開設、「調整会議の協議」が前提 2018/3/3

「大学病院こそ地域包括ケアを理解、教育する場」 2018/1/11

「『No』と言える調整会議」、中川日医副会長 2017/12/24

地域医療構想、「調整会議の進め方」の指針取りまとめ 2017/12/13

「調整会議」の運営指針、年内にも取りまとめ 2017/11/20

病床機能報告の基準に「在院期間」、中川日医副会長が反対 2017/10/26

地域医療構想「正しい理解を」、中川日医副会長 2017/10/7

904億円基金、2015年度の年度内執行率は46% 2017/9/8

外科系の高度急性期・急性期、7%は「1カ月の手術ゼロ」 2017/7/19

公的医療機関に対し、「改革プラン」策定を要請 2017/7/19

医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け 2017/6/30

「新規開設・増床」、許可前に調整会議で確認 2017/6/23

地域医療構想「大学の理解不十分」「『回復期不足』も誤解」 2017/6/3

「急性期指標」、「見える化」の第一歩だが、注意必要 2017/5/10

一般病棟の退院患者「外来対応が基本」 2017/3/8

2017年度下期には「具体的な医療機関名を」、地域医療構想調整会議 2017/2/20

「総合確保指針」の改定案、次回会議で取りまとめ 2016/11/14