m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>「週7日勤務」、日本6.2%、米国4.2%◆Vol.2

「週7日勤務」、日本6.2%、米国4.2%◆Vol.2

年代で差、20代では米国医師の方が激務

2017年11月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


医師の「働き方改革」や過労死などがクローズアップされている昨今、医師の長時間労働の改善が急務になっている。日本の医師の勤務実態に関する調査は多々あるが、日米両国の現状を比較するため、今回の調査でも改めて聞いた。まず1週間の勤務日数を聞いたところ、医師全体では、「5日」(日本47.1%、米国57.0%)が日米両国とも最も多かった。しかし、それを上回る「7日」(日本6.2%、米国4.2%)、「6日」(日本40.1%、米国21.4%)もあり、いずれも日本の方が勤務日数が多かった。もっとも年代別に分析す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事