m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|医療維新10...>「当事者が罰を受ける仕組み」、瞬間的に察知 -有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.1

「当事者が罰を受ける仕組み」、瞬間的に察知 -有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.1

“医療事故調”、2008年の第3次試案・大綱案に反対した訳

2017年11月11日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


2015年10月にスタートした医療事故調査制度。さかのぼれば、自民党政権時代の2007年10月に第2次試案、2008年4月に第3次試案、同年6月に「医療安全調査委員会設置法案(仮称)大綱案」の作成まで進んだものの、「警察への通知」が組み込まれ、医療安全と刑事責任の追及が連動している制度設計が問題視されてとん挫した。その後、政権は民主党に交代、ようやく議論が再開したのは2012年2月。さらに自民党政権復活後の2014年6月に医療法改正法案が成立、制度創設に至った経緯がある。紆余曲折を経てスタートし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療維新10周年記念に関する記事(一覧

モチベーション高い学生が一番の自慢-国際医療福祉大学◆Vol.1 2018/1/12

東日本大震災の教訓で災害医療体制は進化-石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に聞... 2018/1/10

地域医療から世界トップレベル研究まで-石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に聞く... 2018/1/6

携帯、ネットが使えない“トラウマ”をバネに活動-石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部... 2018/1/3

医師全員加入の医師会で政治に対峙を-原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.3 2017/12/30

「日医と県、医師会長の立場、全く違う」-原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.2 2017/12/27

「民主党支持」で日医会長戦に出馬-原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.1 2017/12/23

医師の引き際、「時代遅れになった時」-須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.3 2017/12/20

「開設はNG」、県を突っぱね診療所再開-須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.2 2017/12/16

「医師、殺人罪で有罪」のその後-須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.1 2017/12/13

医療費、伸び抑制しなければ国が持たず-舛添要一・元厚労大臣に聞く◆Vol.3 2017/12/9

“強い”大臣、官僚組織も改革-舛添要一・元厚労大臣に聞く◆Vol.2 2017/12/6

医学部定員増に舵を切れた訳-舛添要一・元厚労大臣に聞く◆Vol.1 2017/12/2

無罪判決から9年、「医師が無理しなくなった」-澤倫太郎・県立大野病院事件特別弁護人に聞く◆... 2017/11/29

医師逮捕への怒り、全国的な支援に-澤倫太郎・県立大野病院事件特別弁護人に聞く◆Vol.2 2017/11/25

「加藤先生は無罪」と直感、特別弁護人に-澤倫太郎・県立大野病院事件特別弁護人に聞く◆Vol... 2017/11/22

“けんかの仲裁”の構図、脈々と流れる-有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.3 2017/11/18

厚労省医事課長の“21条発言”、偶然の産物-有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol... 2017/11/15

「当事者が罰を受ける仕組み」、瞬間的に察知-有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol... 2017/11/11

「専門医=医師会員」で医師配置を適正化-高久史麿・前日本医学会長に聞く◆Vol.3 2017/11/8