m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】

火曜日、金曜日に更新

2017年11月3日  久間十義(小説家)


[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長の瞳孔に問題はなかった。しかもきちんと意識があるらしく、健太朗の指の動きをしっかり目で追っている。「…………」院長が彼に何かを言いたげに唇を動かした。ちょっと呂律が怪しいような気がした。「何ですか?院長先生、何を仰っているんですか?」必死で耳を傾けた健太朗に、大迫はほとんど声にならない声を出した。大丈夫だ……、ちょっと疲れただけだ……、と言っているように彼には聞こえた。院長の口許を健太朗はじっと観察した。涎は出ていない。顔面を眺めても、はっ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事