m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>ヒルドイド問題、保険適用外か否か、結論持ち越し

ヒルドイド問題、保険適用外か否か、結論持ち越し

支払側「美容目的は明らか」、診療側「背景調査を」

2017年11月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は11月1日、ヒルドイドなどのヘパリン類似物質の適正使用をめぐり議論、健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、「皮膚乾燥症で、他の外用薬、抗ヒスタミン薬と同時処方されていない場合には保険適用から除外すべきだ」と提案、一方で日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、皮膚乾燥症であっても悪化防止のためにヒルドイドを使用することはあり得るとし、「学会やメーカーから注意喚起がなされており、しばらく様子をみるべきだ」と主張した。松本吉郎...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

ギャンブル依存症治療、保険適用すべきか否か? 2019/11/21

明細書無料発行の義務化、再び議論に 2019/11/20

理学療法士等による訪問看護の適正化、診療・支払側とも同意 2019/11/20

急性期病棟の認知症・せん妄患者、どうする? 2019/11/15

オンライン診療実施、病院24.3%、診療所16.1%にとどまる 2019/11/15

かかりつけ医の役割説明、「機能強化加算」施設でも3割強 2019/11/15

常勤医の平均勤務時間が月6.6時間減少 2019/11/15

後発薬、「使用割合低いならペナルティーを」支払側 2019/11/15

冠動脈CTとPCI、ガイドライン踏まえた改定へ 2019/11/13

年収3042万円、医療法人病院長がトップ 2019/11/13

医療法人の無床診は皮膚科、内科、眼科、外科で経営改善 2019/11/13

一般病院の損益マイナス2.7%、2018年度診療報酬改定後やや改善 2019/11/13

新薬14成分33品目の薬価了承、費用対効果評価の対象は2成分 2019/11/13

オンライン診療「大幅な緩和でモラルハザード」、診療側 2019/11/9

医療機関におけるICT利活用を後押しへ 2019/11/8

診療側、病棟薬剤師の報酬拡充求める 2019/11/8

学会提案の医療技術290件が新規保険適用候補 2019/11/7

在宅医療でも大手薬局チェ―ンをけん制 2019/11/6

訪問診療を依頼も2割程度が「回数の把握なし」 2019/11/6

支払側、急性期一般入院料の基準見直し改めて求める 2019/11/6