m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|セカンドオピ...>約半数の主治医が「不快感」、患者の受け取り◆Vol.9

約半数の主治医が「不快感」、患者の受け取り◆Vol.9

セカンドオピニオンと主治医意見、6割で相違

2017年12月18日 高橋直純(m3.com編集部)


Qセカンドオピニオンを希望した際、主治医の反応はいかがでしたか。「AskDoctors」(※)会員1026人のうち、セカンドオピニオンの経験があると回答した312人に、主治医の反応を聞いた。最多は「あまり良い顔はされなかった」で34.9%だった。「明らかに不快感を示された」も10.9%とあり、約半数の患者がセカンドオピニオンを希望することを伝えた際の主治医の反応をネガティブなものと認識していた。「快く承諾してくれた」は30.1%、「特に反応はなかった」は24.0%だった。Qセカンドオピニオンを受...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事