m3.com トップ>医療維新>LIFESTYLE>中流家庭でも余裕「医学部入学」の奥の手(1/2)

中流家庭でも余裕「医学部入学」の奥の手(1/2)

リアル「ドクターX」伝授の虎の巻【前編】

2017年11月12日 プレジデントオンライン


私立大学医学部の学費は高い。日本一学費の高い大学は川崎医科大学(岡山県倉敷市)で、6年間の総額は4550万円だ。しかし、年収600万円ほどの「中流世帯」でも、子供を医学部に進学させることは十分可能だという。100以上の病院を渡り歩いたリアル「ドクターX」と呼ばれるフリーランス麻酔科医の筒井冨美氏が、その方法を解説する――。偏差値は上昇の一途だが、学費は下降化している今、医学部受験が空前のブームとなっている。日本経済は、依然、労働者が景気回復を素直に実感できるとは言いがたい状況だ。かつてのように「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

わたしの担当医闘病をあきらめかけたわたしへの担当医の一言 2018/1/20

年収850万以上で医師も増税2018年の税制 2018/1/20

医師賠償責任保険は加入すべき? 2018/1/20

医師だから描ける漫画、漫画家だからできる医療貢献 2018/1/20

すべて公開!医学部選び最新データ2018私立編vol.2 2018/1/20

医師が「節税」を望むのは無理? 2018/1/14

医師のライフプランニングと保険によるリスクヘッジ開業医の保険 2018/1/14

医師のライフプランニングと保険によるリスクヘッジ勤務医の保険 2018/1/14

すべて公開!医学部選び最新データ2018私立編vol.1 2018/1/14

【U35ドクター調査】医学部合格、3人に1人自信がなかった 2018/1/14

すべて公開!医学部選び最新データ2018国公立編vol.2 2018/1/14

わたしの担当医クールだった先生の病室で満面の笑みを見せたとき 2018/1/14

【U35ドクター調査】若手医師の36.9%、目標は専門医(基本領域)の取得 2018/1/7

医師の納税負担は重たい? 2018/1/6

心の目で見た風景を写す。心象写真の世界後編 2018/1/6

すべて公開!医学部選び最新データ2018国公立編vol.1 2018/1/6

わたしの担当医子育て中の闘病生活を支えてくれた、優しい医師 2018/1/6

「寄稿特集」フィリピン人船長との出会い 2018/1/6

すべて公開!医学部選び最新データ2018全体概要 2018/1/1

わたしの担当医原因不明の痛みとの闘い 2018/1/1