m3.com トップ>医療維新>レポート|社会保障審議...>「公私、医療機関の扱いは原則平等」、医療部会で確認

「公私、医療機関の扱いは原則平等」、医療部会で確認

医師偏在対策、地域医療構想、医師の働き方改革など総合的に議論

2017年11月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、11月10日の社会保障審議会医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)で、同省の各種審議会・検討会で進む医療提供体制をめぐる議論の進捗状況を説明、委員の間で特に議論になったのは、医師偏在対策や地域医療構想における公立・公的と民間の医療機関の役割だ(資料は、厚労省のホームページ)。医師偏在対策では、地域医療支援センターが、今後増加する「地域枠」の卒業生などを医師不足地域にいかに派遣するかが課題の一つ。日本医師会副会長の中川俊男氏は、公民の役割を考える上で、「税金が投入されている国...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

社会保障審議会に関する記事(一覧

医療保険制度、「給付と負担」議論を加速化 2019/9/27

医師派遣、期間終了後のポスト保障など必要 2019/9/20

病院薬剤師の評価、調剤薬局との格差に異論続出 2019/9/20

被扶養者国内居住要件の例外規定を了承、社保審 2019/6/13

2040年の医療提供体制構築に向け「三位一体」改革推進 2019/4/24

医師需給「第4次中間とりまとめ」承認 2019/3/25

社会保障審議会、遠藤氏が新会長、4年ぶりの開催 2019/2/1

被扶養者「原則として国内居住」要件に 2019/1/18

「かかりつけ医機能」等を追加、医療機能情報提供制度 2019/1/17

オンライン資格確認、発行済み保険証は継続使用可能に 2018/12/7

後期高齢者窓口負担「2割」で応酬 2018/11/15

75歳以上の負担「2割」か?「現役世代の負担は限界」「反対」 2018/10/10

ACPの愛称公募に1070件、11月に決定 2018/9/27

「急速な働き方改革で医療崩壊、誰が責任を取るのか」 2018/9/26

「医師の働き方、まずは改革が先」、今村日医副会長 2018/7/27

高齢者の保健と介護予防、有識者会議で検討、医療保険部会 2018/7/20

「2040年問題」、主眼は給付費増より医療福祉従業者数 2018/6/6

オンライン資格確認、医療機関・薬局には年50億円のコスト削減に 2018/5/26

「保健医療データプラットフォーム」構築に向け、有識者会議 2018/4/19

「地域別の診療報酬」は慎重意見多数、医療保険部会 2018/4/19