m3.com トップ>医療維新>レポート|2017年度...>地域枠の研修先、「卒後の条件」に縛られず?◆Vol.2

地域枠の研修先、「卒後の条件」に縛られず?◆Vol.2

女性は「実家に近い」、大学選択者は「進路・キャリア」も重視

2017年11月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は現在検討している医師偏在対策の一つが、大学医学部の「地域枠」の活用だ。大学卒業後、出身地、あるいは出身大学の都道府県で研修する傾向が見られることから、「地域枠」とは別に「地元出身者枠」を設ける案として上がっている(『医学部定員の「地元出身者枠」、地域枠とは別に設置を』を参照)。まず医師臨床研修マッチングにおいて、「研修先として病院を選択する際に重視した項目」を複数回答で聞いた結果、男性と女性ともに最多は「様々な診療科・部門でバランス良い経験を積める」(男性43.8%、女性53.0%)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事