m3.com トップ>医療維新>レポート|2017年度...>地域枠の医学生、「2年以上でも医師不足地域に勤務可」は16.7%◆Vol.5

地域枠の医学生、「2年以上でも医師不足地域に勤務可」は16.7%◆Vol.5

「勤務期間」「給与など待遇」「代替医師」が左右

2017年12月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


医師の地域偏在対策の議論が、厚生労働省をはじめ、さまざまな場で議論される昨今、医学生等は医師不足地域(山間へき地、離島など)での勤務をどのように考えているのだろうか。「一般枠」と「地域枠」別で見ると、「地域枠」の方が、より長期でも医師不足地域での勤務を厭わない傾向が見られた。大きく差が付いたのが、「長期間でも勤務(2年以上)」で、「地域枠」16.7%に対し、「一般枠」は7.7%。「短期間なら勤務(2年未満)」も、「地域枠」(25.0%)の方が、「一般枠」(21.9%)よりも多い。一方、「どんな条...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事