m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>「雑務が負担」、日本46.5%、米国11.7%で大差◆Vol.3

「雑務が負担」、日本46.5%、米国11.7%で大差◆Vol.3

「会議・委員会」「ペーパーワーク」も日本の負担感大

2017年11月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


『「週7日勤務」、日本6.2%、米国4.2%』では、日米の医師の1週間の勤務日数や勤務時間についての調査結果を紹介した。仕事の負担感は、仕事の質、内容にも大きく左右される。では、日米の医師が「負担が重い」と思っている業務は何だろうか。主に想定される業務を挙げ、「非常に負担が重い」「やや重い」「どちらとも言えない」「やや軽い」「非常に負担が軽い」の5段階で聞いた。「非常に負担が重い」「やや重い」の合計で見ると、「病棟診療」と「手術」以外は、日米医師の回答の開きが大きく、いずれも日本の医師の方が、は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事