m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>「新規研修開始の医師」が対象、へき地等勤務が管理者要件

「新規研修開始の医師」が対象、へき地等勤務が管理者要件

「駆け込み開業」を懸念、無床診の規制は見送り

2017年11月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」の第15回医師需給分科会(座長:片峰茂・長崎大学前学長)は11月22日、前回会議に続き、「医師少数区域」での勤務経験を有する医師(認定医師)の評価の在り方や「外来医療機能の可視化」などについて議論した。これらは今年末に予定している医師偏在対策の取りまとめには入るが、前回会議で「駆け込み開業」が起きるなどの懸念が呈せられた「無床診療所の開設に対する新たな制度上の枠組み」は見送られる見通しだ(前回会議については、『「医師少数区域」の勤務医師、厚労省が「認...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事