m3.com トップ>医療維新>レポート>赤ひげ大賞特別賞に宮城の2医師、日医発表

赤ひげ大賞特別賞に宮城の2医師、日医発表

東日本大震災被災地で貢献、大賞は5医師

2017年11月23日 水谷悠(m3.com編集部)


日本医師会は11月22日の記者会見で、「第6回日本医師会赤ひげ大賞」の受賞者を発表した。5人の医師を選び、さらに宮城県の鎌田眞人、佐藤徹両氏を「選考委員特別賞」として表彰した。2人は東日本大震災で自院が全壊したが、往診や訪問診療で被災者の救命や治療に当たるなどし、今年まで3年連続で宮城県医師会が推薦。大賞受賞にはならなかったが、選考委員が強く推し、特例として表彰することになった。「日本医師会赤ひげ大賞」は、地域の医療現場で長年にわたり、健康を中心に地域住民の生活を支えている医師にスポットを当てて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

外科系医師、「手当」充実で着実に確保、山形大 2018/5/18

NCの在り方、連携や棲み分け強調 2018/5/11

「整骨院」はいいのか?柔整、あはきの広告規制の検討会開始 2018/5/11

医学部定員、2020、21年度分「速やかに示して」 2018/5/10

「条件付き」「先駆け」審査の制度化を要望、日薬連 2018/5/9

「医療広告ガイドライン」、6月1日から施行へ 2018/5/9

兵庫医科大、主任教授・佐野氏らが最終講義◆Vol.1 2018/5/6

医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定 2018/4/25

「医師少数区域」勤務、「働き方改革にも逆行」とけん制 2018/4/25

柔整「施術内容の本人確認」を2019年度中実施に向け検討 2018/4/24

倉敷中央病院、38人の専攻医集めるも「不安」残る 2018/4/23

「医師少数区域」勤務に「経済的インセンティブ」検討 2018/4/20

「『医師会の大義』の共有を」、日医・将来ビジョン委 2018/4/19

消費税「補填不足は病院で明白」、日病協 2018/4/17

手術・手技の報酬、「価値」「アウトカム」反映の検討が重要 2018/4/13

患者申出療養、新規申請なし 2018/4/12

男女を問わず、医師が勤務継続できる環境を 2018/4/10

救急・災害医療提供体制、議論始まる 2018/4/10

「他ができる仕事をなぜ医師が」、外国で指摘も 2018/4/10

山形大の“ドクターフィー”、最高は年間760万円 2018/4/9