m3.com トップ>医療維新>レポート|社会保障審議...>療養病床の看護職員の基準、経過措置を6年延長

療養病床の看護職員の基準、経過措置を6年延長

医療部会、臨床研究中核病院の承認要件の見直しも了承

2017年11月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


社会保障審議会医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)は11月24日、2017年度末で期限が切れる療養病床の医療法上の看護師・准看護師の配置基準の経過措置について、最大6年間延長することを了承した。2017年度中に関係省令を出す予定。対象は2012年3月もしくは6月までに経過措置を受けている医療療養病床と介護療養病床で、新たな医療機関が経過措置の対象になることは認めない。有床診療所についても、6年間延長する。医療部会では、2017年4月に公布された臨床研究法(施行は公布から1年以内)に対応...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

社会保障審議会に関する記事(一覧

「保健医療データプラットフォーム」構築に向け、有識者会議 2018/4/19

「地域別の診療報酬」は慎重意見多数、医療保険部会 2018/4/19

「医師少数区域」勤務の認定医師、専門医取得の支援も検討 2018/4/11

医師の働き方改革、「労働時間の短縮だけで済む話にあらず」 2018/2/28

医療機関のウェブサイト、6月から広告規制の対象 2018/2/28

医師偏在対策に向けた医療法等改正は2段階で実施 2018/1/25

医師偏在対策、「一歩踏み込んだ」「全然進んでいない」 2017/12/23

紹介状なし大病院受診、定額負担の徴収拡大 2017/12/7

2018年度診療報酬改定、基本方針案を部会長一任で了承 2017/12/7

中川日医副会長「調剤財源で院内処方評価を」医療部会 2017/12/6

「薬剤の自己負担」、医療者と保険者の意見対立、医療保険部会 2017/11/25

療養病床の看護職員の基準、経過措置を6年延長 2017/11/25

「医師偏在対策、中核は県」、実効性を不安視する声も 2017/11/24

2018年度診療報酬改定の基本方針(骨子案)、ほぼ了承 2017/11/24

「公私、医療機関の扱いは原則平等」、医療部会で確認 2017/11/10

被保険者番号を個人単位に、医療等IDにも活用、医療保険部会 2017/11/9

「必要な財源確保が改定の大前提」、中川日医副会長 2017/10/5

介護医療院、「看板での名称掲示は任意」 2017/10/5

2018年度改定、重点課題は「地域包括ケアシステムの構築」 2017/10/4

「紹介状なし」定額負担、対象病院拡大を検討 2017/10/4