m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本vs.米...>「最も不満なのは給与」、日米ともにトップ◆Vol.5

「最も不満なのは給与」、日米ともにトップ◆Vol.5

日本は若い医師ほど「勤務の満足度」も低く

2017年12月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


今回の「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」では、日本と米国ともに勤務の内容および時間のいずれの面でも、医師の負担が相応に重い実態が浮き彫りになったが、両国の医師は自分の勤務環境をどう受け止めているのだろうか(、『「雑務が負担」日本46.5%、米国11.7%で大差◆Vol.3』を参照)。「現在の勤務満足度」を5段階で聞いた結果、「非常に満足」と「やや満足」の合計は、60代がほぼ拮抗した以外は、いずれの年代でも米国医師の方が高い結果となった。最も日米差が大きいのは20代で、米国医師では計9...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事