m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍政権の医...>麻生財務相「手は抜かない」、財政審「本体マイナス」求める建議

麻生財務相「手は抜かない」、財政審「本体マイナス」求める建議

急性期病床の適正化、調剤報酬の抜本的見直しなどを求める

2017年11月30日 高橋直純(m3.com編集部)


財務省の財政制度等審議会(会長:榊原定征・経団連会長、東レ相談役)は11月29日、2018年度の予算編成等に関する建議をまとめ、麻生太郎財務相に提出した。社会保障関係費の伸びを「5000億円以下」に抑制するため、診療報酬については「マイナス2%半ば以上のマイナス改定が必要。本体についても一定程度のマイナスとすべきだ」と強調した。会見した成城大学経済学部特任教授の田近栄治分科会長代理は、「麻生大臣は『手は抜かない』というお答えだった」と説明した(資料は、財務省のホームページ)。田近氏は会見で、榊原...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

安倍政権の医療制度改革に関する記事(一覧

2018年末に新たな改革工程表、経済財政諮問会議 2018/6/16

介護分野で外国人人材の受入拡大、経済財政諮問会議 2018/6/6

2019-2021年度「社会保障改革を軸に『基盤強化期間』に」、経済財政諮問会議 2018/5/29

「地域別の診療報酬は“伝家の宝刀”」、荒井奈良県知事 2018/5/28

財政審、社会保障費抑制を求めるも、抑制目標示さず 2018/5/24

2040年度の医療費、66兆7000億円、政府推計 2018/5/22

日医横倉会長「患者に負担押しつけ、財務省は無責任」 2018/5/2

後期高齢者の窓口負担を2割に、財政審が議論 2018/4/26

社会保障改革推進「歳出水準目安を」、経済財政諮問会議 2018/4/13

日医横倉会長、都道府県別の診療報酬に改めて反対 2018/4/11

骨太方針2018でも社会保障費の枠組みを検討、経済財政諮問会議 2018/3/30

2018年前半の課題「医療費の地域差半減への取組加速」 2018/1/24

若手医師キャリア支援、「週4日勤務制」モデル事業も 2017/12/22

「医療費の地域差半減」、外来に加え、入院でも目標に 2017/12/21

日薬連「到底、納得できず」、薬価制度の抜本改革 2017/12/20

診療報酬本体0.55%増、「誠に残念、遺憾」、健保連 2017/12/19

日薬、医科と調剤の改定率配分維持に感謝 2017/12/19

「2018年度改定、ネットでマイナス1.19%」、大臣折衝で決定 2017/12/18

加藤大臣「門前・門内薬局、適正化を図る」、経済財政諮問会議 2017/12/2

麻生財務相「手は抜かない」、財政審「本体マイナス」求める建議 2017/11/30