m3.com トップ>医療維新>レポート|日本vs.米...>「育児休暇取得、キャリアアップ等から困難」、日米とも7割◆Vol.6

「育児休暇取得、キャリアアップ等から困難」、日米とも7割◆Vol.6

仕事か?プライベートか?米国医師は二極化

2017年12月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


「医師の働き方改革」の議論が進み、また女性医師が増加する中、男女ともに育児休暇を取得しやすい環境づくりが急務になっている。「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」で育児休暇の取得経験を聞いたところ、男女を問わず、「ある」と回答した医師は米国の方が多かった(Q1、「子どもはいない」の回答を除いた集計)。年代による差も想定されることから、50歳以上と50歳未満で分けて女性医師の回答を見ると、50歳以上(米国45.8%、日本30.3%)、50歳未満(米国68.2%、日本62.1%)で、両国とも若...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事