m3.com トップ>医療維新>レポート|日本vs.米...>「育児休暇取得、キャリアアップ等から困難」、日米とも7割◆Vol.6

「育児休暇取得、キャリアアップ等から困難」、日米とも7割◆Vol.6

仕事か?プライベートか?米国医師は二極化

2017年12月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


「医師の働き方改革」の議論が進み、また女性医師が増加する中、男女ともに育児休暇を取得しやすい環境づくりが急務になっている。「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」で育児休暇の取得経験を聞いたところ、男女を問わず、「ある」と回答した医師は米国の方が多かった(Q1、「子どもはいない」の回答を除いた集計)。年代による差も想定されることから、50歳以上と50歳未満で分けて女性医師の回答を見ると、50歳以上(米国45.8%、日本30.3%)、50歳未満(米国68.2%、日本62.1%)で、両国とも若...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!に関する記事(一覧

「医師は永久に良きもの」「Googleは医師の代わり?」◆Vol.14-3 2018/2/25

「十分な収入と社会的信用」「時給換算では低賃金」◆Vol.14-2 2018/2/25

「医師の社会的地位や給与水準に満足」、日本は37.1%◆Vol.14-1 2018/2/25

「訴訟リスクが診療に影響」、米国外科系で8割超◆Vol.13 2018/2/18

外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.12 2018/2/2

日本は「医療制度」、米国は「基礎研究」「労働環境」◆Vol.11 2018/1/28

「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.10 2018/1/21

「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.9 2018/1/14

日米ともに「人生で重視するのは家族・親族」◆Vol.8 2018/1/7

米国「卒後5年以内で一人前」、日本は「11~15年」◆Vol.7 2018/1/2

「育児休暇取得、キャリアアップ等から困難」、日米とも7割◆Vol.6 2017/12/11

「最も不満なのは給与」、日米ともにトップ◆Vol.5 2017/12/4

20代医師で大差、「過去1年間に、論文1本以上」◆Vol.4 2017/11/26

「雑務が負担」、日本46.5%、米国11.7%で大差◆Vol.3 2017/11/19

「週7日勤務」、日本6.2%、米国4.2%◆Vol.2 2017/11/12

「世間から取り残されている職業」「医師に対する尊敬の低下」◆Vol.1-3 2017/11/6

「医師は非常に魅力的な職業」「永遠に挑戦的でやりがい」◆Vol.1-2 2017/11/5

医師を子どもに勧める?米国57.1%、日本42.4%◆Vol.1 2017/11/4