m3.com トップ>医療維新>LIFESTYLE>「ふるさと納税」医師は6割が活用

「ふるさと納税」医師は6割が活用

医師会員の「ふるさと納税」利用率は約6割

2017年12月3日 Doctors LIFESTYLE編集部


医師の年収が1,000万円を超えることはそう珍しくない。一般病院の勤務医や開業医なら年収2,000万円や3,000万円という医師も決して少なくありません。医師の年収についてのアンケート結果(2017年8月実施)自己負担2,000円を除き、寄付金が所得税・住民税から控除、さらに高額返礼品も一般的に、年収1,000万円というのは高額所得者に分類され、日本は累進課税をとっているために所得が高いほど税負担も重くなります。そんな高額所得者である医師だからこそ活用したいのが「ふるさと納税」。「ふるさと納税」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

わたしの担当医闘病をあきらめかけたわたしへの担当医の一言 2018/1/20

年収850万以上で医師も増税2018年の税制 2018/1/20

医師賠償責任保険は加入すべき? 2018/1/20

医師だから描ける漫画、漫画家だからできる医療貢献 2018/1/20

すべて公開!医学部選び最新データ2018私立編vol.2 2018/1/20

医師が「節税」を望むのは無理? 2018/1/14

医師のライフプランニングと保険によるリスクヘッジ開業医の保険 2018/1/14

医師のライフプランニングと保険によるリスクヘッジ勤務医の保険 2018/1/14

すべて公開!医学部選び最新データ2018私立編vol.1 2018/1/14

【U35ドクター調査】医学部合格、3人に1人自信がなかった 2018/1/14

すべて公開!医学部選び最新データ2018国公立編vol.2 2018/1/14

わたしの担当医クールだった先生の病室で満面の笑みを見せたとき 2018/1/14

【U35ドクター調査】若手医師の36.9%、目標は専門医(基本領域)の取得 2018/1/7

医師の納税負担は重たい? 2018/1/6

心の目で見た風景を写す。心象写真の世界後編 2018/1/6

すべて公開!医学部選び最新データ2018国公立編vol.1 2018/1/6

わたしの担当医子育て中の闘病生活を支えてくれた、優しい医師 2018/1/6

「寄稿特集」フィリピン人船長との出会い 2018/1/6

すべて公開!医学部選び最新データ2018全体概要 2018/1/1

わたしの担当医原因不明の痛みとの闘い 2018/1/1