m3.com トップ>医療維新>レポート|奈良・勾留医...>「医学の素人の裁判官、7人の医師の意見書を否定」

「医学の素人の裁判官、7人の医師の意見書を否定」

遺族代理人が問題視、奈良勾留医師死亡事件で有志が勉強会

2017年12月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


奈良勾留医師死亡事件の真相究明を求める医療者・法学者有志が12月1日、大阪府内で勉強会を開催、医師の遺族側の代理人を務める弁護士の小泉哲二氏は、同日の大阪高裁判決について、「医学の素人である裁判官が、玄人である医師の判断を否定している」と述べ、奈良県に求めた損害賠償請求を棄却した同日の大阪高裁判決を問題視した。奈良勾留医師死亡事件は、奈良県の山本病院に勤務していた男性医師(当時54歳)が、奈良県桜井警察署に勾留中の2010年2月、呼吸停止になり搬送先病院で死亡した事件(判決の概要は、『医師遺族、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事