m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|セカンドオピ...>セカンドオピニオンの紹介先、「自分の伝手」は2%◆Vol.12

セカンドオピニオンの紹介先、「自分の伝手」は2%◆Vol.12

紹介状作成「非常に負担」「やや負担」は半数超

2018年1月8日 高橋直純(m3.com編集部)


Qセカンドオピニオンの医師の紹介を求められた場合、応じることはできますか?セカンドオピニオンの医師を紹介することができるかとの質問には、「基本的に紹介は可能」が最も多く80.1%、「特定の診療科や疾患に限り、対応可能」が15.0%、「基本的に紹介には応じていない」が4.3%だった。Qセカンドオピニオンの紹介を求められた場合に、最も重視する項目は何ですか紹介先として重視する点では、「専門医がいるかどうか」が50.2%、「施設の規模や知名度」が27.8%、「連携している医療機関」が11.7%で、「自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事