m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|セカンドオピ...>セカンドオピニオンの問題点「自費治療の認識」の欠如◆Vol.15

セカンドオピニオンの問題点「自費治療の認識」の欠如◆Vol.15

「自分に都合のいい話ばかり引き出そうとする」も

2018年1月20日 高橋直純(m3.com編集部)


Qセカンドオピニオンを提供する立場として、以下のように感じることはありますか?最近1年でのセカンドオピニオン提供経験のある医師226人に、セカンドオピニオンを提供する際に感じる問題点を4段階で尋ねた。最も問題意識を持たれていたのは、「自費診療であることなど、基本的な知識を患者が持っていない」点で、22.1%が「頻繁に感じる」と回答した。「患者が自分に都合のいい話ばかり引き出そうとする」でも、9.7%が「頻繁に感じる」と回答した。◆紹介元からの情報が不正確、もしくは不足していることが多い◆紹介元が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事