m3.com トップ>医療維新>レポート>外保連試案、内視鏡を別項目として再編

外保連試案、内視鏡を別項目として再編

診療報酬改定では夜間・休日加算緩和要望

2017年12月7日 水谷悠(m3.com編集部)


外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は12月5日、2018年度診療報酬改定に向けた「外保連試案2018」を公表した。2016年の「第8.3版」から大幅に改定して「第9.1版」とし、同年に内科系学会社会保険連合(内保連)と合同で作成した「内視鏡試案」を独立した項目として盛り込んで手術、処置、検査から該当する項目を移行した。全体で新規術式は172件、廃棄術式は51件で、総数は第8.3版の3386件から3507件に増加した。2018年度改定への方向性としては、次の6項目を掲げた。外保連試案のさらなる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

リハビリでの医師の関与強化、介護報酬改定の議論が終結 2017/12/14

2018年度改定、診療報酬本体はプラス0.55% 2017/12/13

三師会が緊急要望「前回改定以上で」 2017/12/12

インフルワクチン不足「行政として責任を」、保団連 2017/12/8

保団連、診療報酬「抜本的引き上げ、改善必要」 2017/12/8

外保連試案、内視鏡を別項目として再編 2017/12/7

国民医療を守る議員の会、「プラス改定」の取り組み決議 2017/12/5

「医療費膨張の要因は薬剤費」、保団連 2017/11/30

「第三者評価の受審」、特定機能病院の承認要件にすべき? 2017/11/30

医療広告、「患者体験談」を禁止に、新ガイドライン 2017/11/30

日医横倉会長、診療報酬「1.4%以上プラスを」 2017/11/29

医療法人の病医院、経常利益率低下、日医がTKCデータ分析 2017/11/29

健保連「我々が皆保険を守る」、医療費適正化を決議 2017/11/28

「7対1」見直し案、消費税分どこへ 2017/11/27

「医療過誤への制裁要求、なくならず」、佐伯東大教授 2017/11/26

日病協が声明「診療報酬、大幅なプラス改定を」 2017/11/24

赤ひげ大賞特別賞に宮城の2医師、日医発表 2017/11/23

総決起大会、「財源確保」、「消費税問題解決」を要望 2017/11/23

「診療報酬、マイナス改定を」、保険者や経済団体 2017/11/22

医師の再同意は文書であるべきか、あはき不正対策 2017/11/21