m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修制度...>7科目必修化や評価の標準化、初期研修の改定案まとまる

7科目必修化や評価の標準化、初期研修の改定案まとまる

2020年度から新カリキュラム、一貫性、標準化、簡素化などに力点

2017年12月8日 高橋直純(m3.com編集部)


厚生労働省の「第17回医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ」(座長:福井次矢・聖路加国際病院長)が12月7日に開催され、臨床研修制度の2020年度からの改定方針について大筋で合意した。7科目が必修になるほか、卒前の医学教育との一貫性、評価の標準化などに力点が置かれた。WGは今回で終了し、座長一任で修正の上、年度内に医道審議会医師分科会医師臨床研修部会に提出する予定(資料は、厚労省のホームページ)。10年ぶりに7科目必修化臨床研修制度は2004年度の必修化時は7科目必...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事