m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>規制色弱まる、医師偏在対策の第2次中間取りまとめ案

規制色弱まる、医師偏在対策の第2次中間取りまとめ案

「医師少数区域」勤務の評価拡大、将来の検討課題

2017年12月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」の第16回医師需給分科会(座長:片峰茂・長崎大学前学長)は12月8日、第2次中間取りまとめ案を議論、おおむね了承をした。注目された「医師少数区域」での勤務実績のある医師を厚労省が認定する仕組みについては法制化するが、対象は若手に限らず全ての年代の医師とし、医師個人あるいは派遣する医療機関へのインセンティブで進めることを基本とする。インセンティブの一つとして、認定医師を医療機関の管理者の基準の一つとして評価する仕組みは、対象を地域医療支援病院の一部に限...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事