m3.com トップ>医療維新>レポート|日本vs.米...>米国「卒後5年以内で一人前」、日本は「11~15年」◆Vol.7

米国「卒後5年以内で一人前」、日本は「11~15年」◆Vol.7

医師を目指したのは高校生、リタイアは日本の方が遅く

2018年1月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


日米の医師を目指した時期を聞いたところ、両国の医師ともに最も多かったのは、「高校生の時」(日本46.9%、米国30.9%)だった(Q1)。2位の結果には相違があり、日本の医師は「小学生の時」(24.1%)、米国の医師は「大学生の時」(25.3%)。6年制の大学医学部に進学するのが一般的な日本に対して、米国では4年制大学を卒業後、4年制のメディカルスクールに進学するという、両国の医師養成制度の相違が反映された結果と言える。医学部あるいはメディカルスクールを卒業して、医師免許取得後、何年程度仕事をす...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事